暁斎 知っ得情報


暁斎は、1831年(天保2)、茨城県古河市にて誕生。数え年2歳で家族ともども江戸へ出て以後、1889年(明治22)に亡くなるまで、江戸・東京で活躍しました。 3歳で初めてカエルを描き、7歳で浮世絵師・国芳に入門した暁斎は、10歳で駿河台狩野派の前村洞和、ついでその当主・狩野洞白陳信に学び、19歳、異例の若さで「洞郁陳之」(とういく のりゆき)の画号を取得し修業を終えました。しかし、当時、徳川幕府の衰退とともに、狩野派絵師として生きることは難しかったことから、「狂斎」等の画号で浮世絵、戯画、行灯絵などを描いて糊口をしのいだといわれます。河鍋暁斎記念美術館「暁斎とは」より抜粋。


H28年11-12企画展のポスターについて

画像は 河鍋暁斎画『中国神仙図巻』のうち「蝦蟇仙人」です。

 

 蝦蟇(がま)仙人は八仙に選ばれておらず、中国ではマイナーな仙人であるが、日本において蝦蟇仙人は仙人の中でも特に人気があり、絵画、装飾品、歌舞伎・浄瑠璃など様々な形で多くの人々に描かれている。

詳細はこちらをご覧下さい。

暁斎の「郭子儀図 」は是非、下絵を見ていただくと、様々のことがわかりますよ。     

画像をクリックすると拡大します。      



 

H28年9-10企画展のポスターについて

画像は 河鍋暁斎筆『暁斎号・化』

河鍋

プラスワンシリーズ「堀田操《不安の貯蔵》1954 年 F40」

 

 

画像をクリックすると拡大します。